書籍詳細

日本のミステリー小説登場人物索引 ― アンソロジー篇 ―

A5・828頁 定価(本体20,000円)+税
ISBN4-9900690-5-6 2002.5刊行

1991年(平成3年)〜2000年(平成12年)の10年間に国内で刊行された日本のミステリー小説の珠玉篇ともいえるアンソロジーに収録された作品1,599点に登場する主な登場人物を採録した索引。

江戸川乱歩、甲賀三郎、大下宇陀児、横溝正史など日本のミステリー小説の草創期の作家から戦後の松本清張、高木彬光、仁木悦子、鮎川哲也などを経て有栖川有栖、宮部みゆき、東野圭吾、若竹七海など現在活躍中の作家581人の作品に登場する主要な登場人物8,098人を採録.ミステリー・ファンには馴染みの明智小五郎、金田一耕助、帆村荘六、二階堂蘭子、佐久間公、伊集院大介、火村英生、メルカトル鮎などの名探偵から様々な職業・肩書を持つ登場人物を採録。